乳房再建の目的とは?役割とは?

2017年の夏、術前抗がん剤中に、ブララボのホームページを見つけて来られたお客様に、
ブララボを選んだ決め手はなんでしたか?と改めてお聞きしたら、
当時の気持ちをご主人に報告してまとめてあったというリポートをくださいました。

失った乳房を取り戻せるなら取り戻したい。

それ以上の理由などいらぬ当たり前の気持ちです。

しかし、一歩立ち止まり、冷静に「再建」の意味定義を認識し。

取り戻すという行為を目的にせず。元通りにはならないことを受け止めて。

再建の意味を成すものを探されたリポートです。

術前抗がん剤、手術、放射線と苦しき時期に何度もお会いしましたが、1度も憂いた顔も嘆きの言葉も涙も見せられなかった、30歳のママ。
女優の堀北真希さんに似た容姿以上にその姿勢がわたしの印象に残っています。

そして、シリコンバストをお渡しした日の、
例えばアネモネのような柔らかな花びらのツボミが、
朝方の光の中ふわあっと静かに開いたような笑顔。
スローモーションで脳裏に焼き付いています。

わたしの方が、涙をこぼしてしまいました。
今でも思い出すと胸が熱く、良かったですね。ハグハグという気持ちになります。

ご許可をいただきお名前を伏せそのまま掲載させていただきます。
「誰かの役に立ったら嬉しいです」とのメッセージもいただいております。





カテゴリ:
タグ:



関連するほかの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です